感電や出火を防ぐ為にもインターホンを定期的に交換しよう

一軒家

劣化による配管への負荷

修理

一般家庭では、毎日の様にキッチンを使用します。朝食の支度から昼食、夕食まで多ければそれ以上に使用するでしょう。そうなると、水まわりの設備も頻繁に使用することになります。特に水を出す蛇口部分は、開けては閉じる繰り返しになってきます。使用頻度が高いということは、それだけ劣化も早く進んでしまいます。蛇口は金属性になっているので、サビやすくなっています。蛇口の外側が綺麗でも、内側がサビていることもあります。内側がサビていると、水が茶褐色に変色するので、その前兆を見逃さない様にしましょう。

蛇口を交換する際は、ゴムパッキンも調べてもらいましょう。ゴムも金属同様に劣化します。本体に問題が無くても、ゴムパッキンが劣化していると、ひねり具合が悪くなりますし、緩くなってしまいます。交換してもらって、スムーズに使える様にしましょう。専門業者に依頼する際は、細かい作業内容を掲載している業者を選びましょう。価格の安さだけをアピールしている業者には注意しましょう。一部分の部品交換の価格であって、全体の交換料金でない場合があります。その為、最初から詳しく掲載している業者の方が信頼できます。また、見積もり料金が決まって契約した後に、追加で料金を請求するのかどうか確認することもあります。どうしても必要と判断した場合には、追加料金を支払うべきですが、不要なパーツの交換を要求したり、無駄なサービスをつけたりしないか契約内容を確かめておきましょう。