感電や出火を防ぐ為にもインターホンを定期的に交換しよう

一軒家

電力の自由化

電気コンセント

日本では、2016年の4月から電力の自由化が始まっています。自由化に伴って、電力の供給先を自分達で自由に選べる様になります。現在使っている会社を継続して利用することもできますし、新規参入する電力会社に乗り換えることもできます。もしも、電力会社を変える際には、電気料金やプランを充分に比較する必要があります。

電気料金は、各社が提供するプランによって大きく変わることもあり得ます。ネットでは家族構成や日頃の家庭内での生活スタイルによって、電気料金を計算するシミュレーションがあります。シミュレーションを使って各社のプランを比較してみましょう。最適な電気会社を紹介してくれるサイトもあるので活用してみましょう。

電気料金は、大人が多い家庭か、子供が多い家庭かで変わってきます。大人が多い家庭であれば、平日に日中は留守になるので、電気の使用量が減るでしょう。その分、夜間の電気使用が増えるでしょう。その為、夜間の電気料金が安い電力会社に契約した方が、月々の料金を安く抑えることができます。子供が多い家庭なら、夜間の電気使用量が減るので、日中の使用料金が安くなる会社に契約した方が良くなります。離島や地方地域では、電力会社が選べない事もありますが、プランの見直しで月々の料金が安くなることもあります。見直しをして料金の違いを比較することも大事です。シミュレーションを使えば簡単にチェックできるので調べてみましょう。比較することは、家計の出費に大きく関わってきます。